2020/06/17

オシロスコープ(もどき) W2B / M5Stack / Wio Terminal

オシロスコープ(もどき)をM5Stack、Wio Terminalに移植しました。

液晶表示のオシロスコープ (初代)

 2014年にPIC24上で動くように作成し、内蔵の高速なADCを使って、2チャンネルで最高2MSPSの高速サンプリング可能で、表示はタッチパネル付きの液晶を使用して、画面をタッチすることで操作が可能でした。

今回、その後にM5Stackに移植した版を話題のWio Terminalに移植しました。
M5StackやWio TerminalのADCはあまり高速ではないために「オシロスコープ」と名乗るのはおこがましい性能ですが、ボタンでのメニュー操作のお試しとして移植しています。

ソース公開前にベータ版をここに置いておきます、お試しいただければ幸いです。

M5Stack、Wio terminal、W2B(ESP32+480×320のタッチパネル液晶)での動作風景

使用するポート

M5Stack
信号名 ポート
CH1入力  GPIO35(A7)
CH2入力  GPIO36(A0)
テスト信号1出力  GPIO2
テスト信号2出力  GPIO26(DAC2)

 

 

 

 

 

Wio Terminal
信号名 ポート
CH1入力  A0
CH2入力  A1
テスト信号1出力  BCM2
テスト信号2出力  DAC0

 

M5Stack、Wio terminal、W2Bでの主クリーンショット

M5Stack

Wio Terminal

W2B

・M5Stack用実行モジュール(LovyanLauncher対応)・・SScope095.bin
・Wio Terminal用実行モジュール(ExtFlashLoader対応)・・ apps

Wio Terminalについては、SeeedStudio「Wio Terminal」で詳しく書かれています。

2018/05/19

M5Stackオシロスコープ

液晶表示のオシロスコープをM5Stackに移植しました。
2チャンネルで最大40k/sサンプリングできますので4kHz程度の波形は見ることができます(^-^;
*なんとなく波形らしいのが見えればいいや・・程度のものです、「使い物にならない!」などのクレームはご容赦ください(*- -)(*_ _)ペコリ

立上がり、立下りエッジでのトリガ機能もあり、最後の観測画面をM5Stack内蔵のSDカードに保存(表示画面のスナップショットをBMP形式で保存)したり、観測値をUARTにCSV形式で出力することもできます。
M5Stackのアナログ入力を使って波形読取りを行っていますので、入力できる電圧は最大で3.3Vです、通常使われると思われる5Vを観測するためには下記のような抵抗での分圧回路が必要になります。
デフォルトでは、下記の抵抗分圧で接続されていることを想定していますので、最大観測電圧を5V以外としたい場合は抵抗値を変更する必要があります。
*負電圧を入力したり、3.3Vを超える電圧を入力するとM5Stackの内部にダメージを与える可能性があります、ご注意ください。
【続きを読む】

2018/05/01

M5Stack 日本語フォントの表示

ご注意:新しいM5Stack by M5Stack バージョン 0.1.9(以降?)では使用できません(*- -)(*_ _)ペコリ
M5StackはESP32を使用して小型のケースに液晶LCDやSDソケットなどが組み込まれています。
センサーデバイスなどをケースの外周に露出されているコネクタに接続することで簡単にお試しができるようになります。
小型で綺麗な表示ができる液晶LCDですが、残念ながらそのままでは日本語フォントを表示することができません。

下記のような画面が表示できるようになります。

Arduino+ESP-WROOM-02

M5Stack 日本語表示

【続きを読む】