2020/05/24

スマートハレタ(24×24マトリクスLED)

スマートハレタの「24×24マトリクスLED」に表示するドライバを書きました。

今流行の「荒ぶるパロット」
GIFファイルから連続画像に変換して、PPIFFSにファイルとして保存し、繰り返し表示することで、動画表示しています。

このドライバでは、2値のビットマップデータを対応する位置のLEDに書き込むことしかしていませんので、円や四角形などの描画は自前で用意する必要があります。

・マトリクスドライバの初期化
・マトリクスのクリア
・バッファ上の指定ビットのオン/オフ
・ビットイメージの書き込み
・バッファからマトリクスLEDアレイへの書き出し

プログラム本体はスマートハレタだけではなく、ESP32が搭載されていて、「LovyanGFX」や「TFT_eSPI」で使用可能な色々なLCDに対応できます。
これを使って、簡単に動画再生みたいなことができるようになります。

#define 一覧

ダウンロードはこちらから:
ESP32_FFMovie3


この記事へのトラックバック URL :

Leave a comment