2015/11/15

ESP-WROOM-02の Flash File System(FFS) を使ってみる

ESP-WROOM-02には32Mbit(4MByte)のFlashメモリーが搭載されています。このFlashメモリー内の最大3MByteをFlash File System(FFS)に割り当てることができます。(注あり)
音楽ファイルのような大きなファイルは格納できませんが、スケッチ実行時に使用するSSIDやパスワードなどのパラメータの保存に使うには十分な大きさです。

Flash File Systemについては、Referenceの「File system」に説明があります。
http://arduino.esp8266.com/versions/1.6.5-1160-gef26c5f/doc/reference.html

FFSアップロードツールをインストールする

  • ファイルをアップロードするためのツールをダウンロードする
    http://arduino.esp8266.com/ESP8266FS-1.6.5-1105-g98d2458.zip
  • ツールを解凍して、Arduino IDEの「tool」フォルダにコピーする
    例)<Arduino IDEのフォルダ>\tools\ESP8266FS\tool\esp8266fs.jar

ファイルをアップロードする

  • FFS内のファイルを使用するスケッチの保存フォルダ内に「data」フォルダを作成する
    例)スケッチ名が「FFSTest」であれば、
    C:\Users\<ユーザ名>\Documents\Arduino\FFSTest\data
  • 「data」フォルダ内に使用するファイルをコピーする
  • Arduino IDEを使用してFFSにアップロードする
    Arduino IDEを起動し、スケッチ「FFSTest」をロードする
    ESP-WROOM-02を書き込み待ち状態にする
    「ツール」メニューから「ESP8266 Sketch Data Upload」を選択する
    (アップロードが始まる)

アップロードしたファイルはスケッチのアップロードの影響を受けません。
ファイルの構成を変更する場合にだけアップロード操作を行います。

FFSテスト・スケッチ
FFSのルート下の全てのファイル内容をそのままシリアルコンソールに表示します。

  • Arduino IDE 1.6.5+ESP8266 Community version 1.6.5-1160-gef26c5f 環境では「Flash Size “4MB(3MB SPISSF)”」設定ではアップロードに失敗しています、「Flash Size “4MB(1MB SPISSF)”」設定でテストしました。

この記事へのトラックバック URL :

Leave a comment